UPF50+生地 快適な紫外線対策のためのこだわり



一般的に水着などにはポリウレタン繊維が使われていることが多いです。
(アメリカではspandex、ヨーロッパではelastaine、日本ではポリウレタンと呼ばれることが多いようです。商品名で呼ばれることも多いです。)
しかし、ポリウレタンはゴム系の素材ですので、伸縮性が大変に良い利点がありますが、比較的に塩素や紫外線によって劣化しやすい素材です。
以下の写真は、市販されていたナイロンとポリウレタンの混合生地の水着からそれぞれ2枚切り抜き、1枚だけを塩素に24時間浸し、比較した写真です。

右側は、シーネットのポリエステル100%生地の写真です。
また、とてもはだ触りが気持ち良いのも弊社の製品特長です。


生地が劣化すると、色あせるばかりでなく、紫外線の防止機能も低下します。

ポリウレタンを含む生地 シーネット製品の生地
塩素に浸ける前 塩素に浸けた後 塩素に浸ける前 塩素に浸けた後
@ A B C
上の生地に水をたらした写真
@塩素に浸ける前の生地
ポリウレタンを含む生地
C塩素に浸けた後の生地
シーネット製品の生地
A塩素に浸けた後の生地
ポリウレタンを含む生地

AとCの生地を水に入れました。

0014.jp

紫外線対策UVカット製品一覧へ
Copyright (C) 2004 款ーネット All Rights Reserved. 無断転載はご遠慮下さい。